膝痛の方(50代男性)

figure, man, knee

膝痛の方が来られました

膝の痛みでお困りの方(50代男性)が来られています。歩くときや、車に長く乗っていると、膝の痛みが増すとのことでした。

今回は、前回から4週間ぶりの7回目の施術でした。前回の施術からずっと調子がよかったそうです。しかし、この数日の間に、また痛みが出てきたそうです。

アクティベータでの施術

施術前の検査で、いくつかの動きで誤作動の反応がありました。また、力が入らない角度もありました。誤作動があると、脳からの信号がうまく届いていないので、力が入らないことが多いです。

てんびんカイロでは、膝の痛みには、アクティベータ療法で施術をします。アクティベータ療法で、まず全身を整えます。そして次に、膝に関わるところを細かく施術していきます。

この方の場合、膝のお皿のあたりに痛みがありました。詳しくみていくと、太ももの内側や膝の後ろのふくらはぎの筋肉が固まっていました。脳の誤作動があると、筋肉が必要以上に硬くなります。

心身条件反射療法での施術

アクティベータ療法の後、心身条件反射療法も受けられました。この方の場合、主に仕事関係のことが脳の誤作動に影響していました。同じ気持ち・経験があっても誤作動にならないように施術で調整をしました。

施術後

施術後、痛みは軽減されていました。施術前に力が入らなかった動きでも、力が入るようになっていました。帰りは、玄関までスムーズに歩くことができました。

誤作動は癖になっているので、痛みがなくなっても、また思い出したかのように痛みが出ることがあります。しかし施術を定期的に受けられていると、徐々に誤作動の癖が起こらなくなり、痛みが和らいでいる時間が増えていきます。

快適に過ごせるように、この調子で施術をしていきましょう。

てんびんカイロプラクティックの野間実です。中学・高校で英語教師をしていました。19歳の頃「椎間板ヘルニア」と診断され、10年以上腰痛と足のびれに悩まされました。アメリカでアクティベータによるカイロプラクティクを受けて、腰痛と足の痺れにさよならできました。現在、妻と息子、娘の4人家族です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です