不眠でお悩みの方への施術(40代女性)

A Woman in Light Blue Long Sleeves with Pillow on Her Head

ブログ記事: 不眠でお悩みの方への施術【40代女性のケース】

はじめに

当院には、様々な不眠の症状でお悩みの方が多く来院されています。最近も、40代の女性が不眠でお困りで来られました。不眠の症状には、寝つきにくい「入眠障害」、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」、朝目覚めても十分に休んだ感覚が得られない「熟睡障害」などがあります。今回は、特に「中途覚醒」と「熟睡障害」に悩まれている方でした。

症状の詳細

この方は、夜間に何度も目が覚めてしまい、朝起きても疲れが取れていないと感じていました。毎晩、眠りが浅く、朝には十分に休息できたという実感が得られないため、日常生活にも支障が出ていました。

当院の施術アプローチ

てんびんカイロプラクティックでは、不眠でお困りの方に対し、心身条件反射療法を用いて、脳の誤作動を引き起こしている無意識の感情や経験を特定し、施術を行います。このアプローチにより、脳の神経系や自律神経系の誤作動を整え、不眠の改善を図ります。

施術の流れは以下の通りです:

  • 無意識の感情や記憶の検出
    • 足の反射を用いて、脳の誤作動を引き起こしている無意識の感情や記憶を検出します。
  • 脳・神経・自律神経系の誤作動の調整
    • 心身条件反射療法を用いて、誤作動を整え、不眠の症状に関連する感情や記憶が、身体に影響を与えないように施術を行います。

施術の具体例

今回の女性の場合、特にお母さんに対する感情が、誤作動の原因として検出されました。お母さんと対話できなかったり、心を開くことができないという感情が、脳の誤作動を引き起こしていました。

さらに検査を進めると、小学3年生の頃の記憶が反応しました。兄弟が生まれた時期であり、第一子として「しっかりしなければならない」という感情を抱いていたことが心の中にありました。この感情が誤作動として残っており、施術によってその感情が体に影響を与えなくなりました。

施術後の感想

施術を受けた後、女性は「小学生の頃の感情が誤作動として残っていたなんて!施術を受けて本当に良かったです。」とおっしゃっていただきました。

最後に

不眠に影響を与える感情や経験は、無意識の中で起きるため、ご自身で気づくことが難しい場合が多いです。当院では、足の反射を用いて、不眠に関連する感情や記憶を検出し、施術を行うことで不眠の改善を図ります。

不眠でお困りの方は、ぜひてんびんカイロプラクティックにご相談ください。専門的な施術で、あなたの快適な睡眠をサポートいたします。

てんびんカイロプラクティックの野間実です。中学・高校で英語教師をしていました。19歳の頃「椎間板ヘルニア」と診断され、10年以上腰痛と足のびれに悩まされました。アメリカでアクティベータによるカイロプラクティクを受けて、腰痛と足の痺れにさよならできました。現在、妻と息子、娘の4人家族です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です